So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

シリア政府軍、世界遺産の要塞に空爆か [ニュース]

シリアの内戦が未だに続いています。

人的な被害が止まらないことに悲しさを覚えますが、さらに世界遺産への影響も無視することができません。 

 

調べてみるとシリアには世界遺産が6カ所もあるそうです。

 

シリアの世界遺産 - Wikipedia
Wikiのシリアの世界遺産のページ

そしてこの6カ所ともに危機にさらされている世界遺産となっているそうです。

シリアには2度ほど仕事で訪問したことがあります。今回世界遺産の要塞が爆撃、というニュースの見出しを見てすぐに思いついたのがパルミラ遺跡の横にある要塞でした。

DSCN0153.jpg 

パルミラ:Master of Life Blog:So-netブログ
パルミラに行ったときのことを書いています

ニュースを読んでみると今回爆撃されたのはパルミラではなくクラック・デ・シュヴァリエというところでした。

 
クラック・デ・シュヴァリエ - Wikipedia
Wikiのクラック・デ・シュヴァリエのページ

クラック・デ・シュヴァリエのあるホムスには数時間だけの滞在でしたので、車窓から見ることもできませんでした。

この他にアレッポも世界遺産に指定されていますが、こちらもスークが火災により被害を受けてしまったそうです。

古代都市アレッポ - Wikipedia

 DSCN0316.jpg

 これまで何百年と受け継がれてきた世界遺産が紛争・戦争により失われてしまうのは口惜しくてたまりません。

シリアの紛争が一刻も早く解決することを祈っています。 


地震 [ニュース]

東日本大震災から一週間と二日が経ちました。

被災したみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

親戚、友人とその家族はいまのところ無事との連絡を得ていますが、まだ全員が無事と確認できたわけではありません。家をなくした人もいます。

私自身は東京にいて、幸いにして直接的な被害はありませんでしたが、なにもできない自分がもどかしく思っていました。

いろいろと考えることがありましたが、まだ現地に行っても何もできることがない以上は、普段通りの生活・仕事をすることが第一だとの結論にいたり、震災後すぐに予定されていた出張にでることにしました。もちろん義援金や節電などしていますが、それ以外では普通に仕事をして普通に外食や買い物をするというのが重要と思うことにしました。

と、いうことで、こちらのBlogの方も、明日から普段通り更新していこうと思います。あまり多くの人に読まれているBlogではありませんし、特に役に立ったり元気づけたりすることもできないと思いますが、ともかく自分が普段通りに生活することが大事との思いから、普通にBlogを書いていこうと思います。

ところで、出張先から地震・津波・原発関連のニュースをこの一週間フォローして思ったこと。それは、いかに正確と思われる情報を取捨選択できるかが重要ということ。事態を把握するために必要となる適切な情報をいかに得るのか、 こんなときだからこそ気をつけなければ行けないと思いました。こうした未曾有の事態でもあり、憶測に基づいた情報や扇情的な情報が多く飛び交っているように思います。特に原発関連では知りたい情報が公式情報でも得られず歯がゆい思いもしましたが、それ以上に、不安だけを煽る、事実に基づかない情報発信が多いことも実感しました。

地震後のTwitterでは、自分が納得できると思える情報について記録しておくことにしました。一方で、あとで検証したときにこれは許し難いという情報もできるだけ残しておこうと思っています。こういう非常時にこそ、情報発信の質が見えますので、だれがどんなことを言ったのか、今後の参考にしていけると思っています。

というこで、地震についてはこれで自分の中では気持ちの区切りをつけて、明日から自分のできることをしていきたいと思います。


オバマ大統領 [ニュース]

オバマ大統領の就任が明日に近づいています。

ニュースでも昨日行われた就任記念式典の模様が報じられています。

式典の演説が行われたリンカーン記念堂には大勢の人たちが集まっており、新大統領への期待の高さが伺われます。奴隷制廃止を行ったリンカーン大統領や同じ場所で歴史に残る演説を行ったキング牧師、その二人の系譜を継ぐという象徴的な意味あいを感じます。こうした物語があるところが良くも悪くもアメリカの良さだと思います。

上述のリンカーン大統領やキング牧師もそうですが、アメリカには名演説が多いと思います。私も学生時代に、ケネディ大統領の演説のCDを買って一生懸命暗唱しようとしました。

個人的には、クリントン大統領の演説も好きでした。クリントン大統領はいろいろとスキャンダルもあって、印象が良くない人も多いと思いますが、彼の話は聞く人を感動させる何かがあったと思います。彼が大統領だったときはちょうど英語を一生懸命勉強していたときだったのですが、彼が喋っているのを衛星放送で見ていたとき、初めて英語が英語のまま頭に入ってくるという体験をしたのを今でも覚えています。英語そのものは当時のゴア副大統領の方が格段に美しくて聞きやすかったのでリスニングの勉強には適していたと思うのですが、心に訴えかける何かがクリントン大統領にはありました。

 

ワシントンDCには911の翌年から2年ほど暮らしていたので、いろいろと懐かしい場所がニュースで映るのもうれしいところです。私がいた2年間では、大統領選にちょっとかかっていましたが、就任式はなかったのがちょっと残念です。あったとしても結局ブッシュ大統領の再選だったのであまりうれしくなかったかもしれませんが・・・。周りはリベラルな人が多かったので。

就任式はなかったのですが、レーガン大統領の葬儀はありました。さすがに教会まではいきませんでしたが、葬列はちょっと見ることができました。やはり一時代を築いた大統領だったので盛んにテレビで追悼特集が組まれていたのを覚えています。

勤めていたビルがレーガン大統領の名前を冠したビルだったので、葬儀の時はこんな感じでした。

 DSCF0503.jpg

話がそれましたが、 オバマ大統領の就任演説を楽しみにしています。オバマさんの演説はすでにCDなどで発売されていますが、明日の就任演説が入ったものがでてきたら購入しようかな。

 


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ちょっと雰囲気を変えてみました [ニュース]

So-netブログの新サービスが開始されましたね。

金曜日は正午までといいながら昼過ぎまでアクセスできなかったのですが、これまでにないくらいバージョンアップしてましたので良しとします。

50Mでは少ないと思っていた容量も500Mと10倍になってました。プロバイダもSo-netなので、サーバーが重いときもがんばって他に変えずにいたかいがあるというものです。といってもそんなに画像や動画をおくこともないのですが。

スキンも一気に100も増えたのですが、いまいちこれだという物がありませんでした。せっかくなのでブリッジというものにしてみましたが、そうしたら今までプロフィールで使ってたキートンさんの画像の右端の空白が気になったので、こちらも変えてみました。

サイドバーにもいろいろと追加できるみたいですので、何か考えてみようと思います。でもiframeが使えないみたいなので、Amazonの検索とかはおけないようです。

さらにサイバーショットのプレゼントTB企画もやってるようですので、早速応募。当たったらこのBlogに動画アップするんだろうか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ハリケーン「カトリーナ」 [ニュース]

アメリカを襲った「カトリーナ」の被害が報道されています。

現在避難できずに取り残されている人は、避難勧告を受けても避難できなかった車を持たない貧困層が大多数のようです。つい先日、アメリカの貧困層の割合が12%になったとの報道があった直後だけに、アメリカ社会の貧富の差が改めて浮き彫りになってしまった気がします。


[ワシントン 30日 ロイター]2004年の米人口に占める貧困層の割合は12.7%で前年の12.5%から上昇。貧困層は前年から110万人増加して3700万人となった。

 国勢調査局の定義によると、貧困ラインは、世帯年収が4人家族で1万9037ドル、3人家族で1万5067ドル、2人家族で1万2334ドル、個人で9645ドル。


アメリカは国内に発展途上国を抱えていると言われています。街を見ても分かりますが、中央部にビジネス街、官庁街があり、その周りを貧困層のすむ地域が囲み、さらにその外に中間~富裕層の住むベッドタウンが広がっています。貧困層のすむ地域には車でもあまり行かないように言われましたが、少しでも入ってみると郊外の美しい家々に比べようもない町並み、雰囲気に驚きます。

今回は政府の対応も遅れたように思えますが、これだけの被害を見るとアメリカの抱える潜在的な危うさのような物が見えてしまったきがしました。特に暴動・略奪が横行しているのを目の当たりにすると、もの悲しい気持ちにさせられます。それに、これが今世界で起こっていることの縮図のような気がするのも心を暗くします。

アメリカではすでに企業などを中心にチャリティが動き始めています。アメリカの貧困の問題に心が痛む一方で、こうしたアメリカのチャリティの動きなど見ると、その懐の深さについてはいつも希望を感じさせられます。

職場の同僚と話しをし、何か自分たちにできることがないか考え、寄付を募ることにしました。アメリカで働いていたり、勉強していた人が多くいる職場なので、そうした人を中心に呼びかけるつもりです。アメリカに触れた者として、これからも何かできることがないか考えてみたいと思っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ