So-net無料ブログ作成
検索選択

アフリカを舞台にしたアニメ、Kirikouが面白かった [映画]

Kirikouという映画を見ました。日本語のタイトルは「キリクと魔女」です。

公開はヨーロッパなどが1998年、日本は少し遅れて2003年だそうです。2003年は日本にいなかったのでこんな映画があったなんて今まで知りませんでした。

『 キリクと魔女 』


アフリカのとある村を舞台に、小さな男の子・キリクが村を苦しめている魔女に挑むというお話しです。

雰囲気がとてもアフリカっぽいので、アフリカの人が作った映画かと思ったら、監督はフランス人のミッシェル・オスロという方だそうです。

上にリンクしたサイトによると、監督はアンリ・ルソーの影響を受けて自然を描いたとのことで、その描写がとても美しいのです。そしてアフリカらしさも良く出ています。

そして音楽を担当しているのはユッスー・ンドゥール。セネガル出身のミュージシャン。伝統的なアフリカのリズムの音楽を随所で聞くことができます。アフリカっぽさにはこの音楽も貢献しています。

ガーナに来る前だったら分からなかったかもしれませんが、こちらに来てからこの映画を見てみるとなんだかとてもアフリカの雰囲気が出ていることが実感できた気がします。

おすすめの映画です。




nice!(1)  コメント(0) 

「しあわせのかおり」 [映画]

料理をするのも、おいしいものを食べるのも大好きな私ですが、読む本も食べ物関係や料理漫画、見る映画も食べ物にちなんだものを良くみています。

ということで、今回は映画の紹介。ひさびさにiTunesで映画をレンタルしてみました。

どんな映画?

まずはこちらの公式サイトを見ていただくのが良いかと思います。

しあわせの料理があなたを待ってる。<心も満たす>ロードショー「しあわせのかおり」ファンサイト
しあわせのかおり公式サイト

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

007/スカイフォール [映画]

今日はiTunesで購入した「007/スカイフォール」を鑑賞。

007/スカイフォール [DVD]

007/スカイフォール [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
 

ダニエル・クレイグの007も本作で3本目。一作目を映画館で見たときに、映像の美しさに圧倒されました。そしてちょっと重めのストーリー展開と、重厚なボンドも新鮮でいっぺんにこのシリーズが気に入りました。

2作目も映画館で見たのですが、映像が美しいことは変わりませんでしたが、ストーリー的には1作目の重さがなくて少し残念な思いも。

そして3作目の本作「007/スカイフォール」は残念ながら映画館で見ることができませんでした。というのもすでにガーナに来てしまっていたから。ガーナにも映画館はないことはないのですが、家から遠いのとスケジュールなど確認できなかったのでやってたかどうかすら分かりません。

ということで、本作は家での鑑賞となりました。

いつもオープニングで派手なアクションを見せてくれるのですが、本作はイスタンブールを舞台にしての追跡劇。グランバザールの屋根の上をバイクで疾走するシーンは圧巻です。

その後も美しい上海の映像にもしびれましたが、圧巻はスコットランド。季節は冬で、荒涼とした原野が広がります。ここが本作の最後の決戦の場であり、ボンドが生まれ育ったスカイフォールという場所。彼の生家で宿敵との死闘が繰り広げられます。

 

ネタバレになるのでストーリーには触れませんが、本作のテーマには老いとか衰えというものがあります。ボンドといえば、アクションを平気でこなす若々しさのイメージもありますが、本作のボンドは肉体的にもかなり衰えが見られます。それでもM(MI6の上司)の信頼の元、ぼろぼろになりながらも最後まで戦う姿に奮い立たされるものがありました。(衰えつつあるとはいえ、もちろんダニエル・クレイグの鍛えられた肉体とアクションは迫力十分ですが。)

また最後の戦いの場面では、いつものような近代兵器が使えない状況で、ローテクや古い武器を駆使して戦っていくのも見所かと思います。それまでハイテク、特にハッキングなどでMI6に攻撃がしかけられたりする前半との対比もなかなか際立っていました。

ストーリーも良かったし、映像も良かったし、ちょっと長めの上映時間ですがのめり込んで見ることができました。映画館で見てたらさらに楽しめたかと思うとちょっと残念ではありますが。

 

そうそう、映画でMI6のオフィスが登場するのですが、昔ロンドンで散歩して写真を撮っていたら、ここがMI6が入っているビルって教えてもらってびっくりしました。まさに登場するビルもここで、ちょっと懐かしかったです。

他にもロンドンのいろんな風景が見られるのも楽しめました。


nice!(1)  コメント(2) 

しあわせのパン [映画]

「しあわせのパン」という映画をiTunesで購入して見ました。

 

しあわせのパン [DVD]

しあわせのパン [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD

主演は原田知世さんと大泉洋さん。

舞台は洞爺湖近くのとある町。原田知世さん演じる水縞りえと大泉さん演じる水縞尚夫婦が営むカフェ「マーニ」を舞台に、

続きを読む 


カンフーシェフ [映画]

深夜テレビを見ていたらやっていた「カンフーシェフ」

カンフーシェフ [DVD]

カンフーシェフ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD

主演は香港映画の大御所・サモハンキンポー。最近黒ウーロン茶のCMで見て懐かしいと思ってたら、こんな面白い作品にも出てたとは。まだまだハードなアクションシーンもこなしてます。

お話は名料理人であるサモハンが、誤解によりサモハンに恨みを持つ甥の仕組んだ罠により地位を追われるところから始まります。ひょんなことから、兄の師匠(故人)の店のシェフとなり、弟子を育てて店をきりもりするものの、甥によるいやがらせで再度ピンチにおちいり・・・という感じです。

兄の師匠の店を切り盛りしている姉妹がいるのですが、この妹の方(DVDのパッケージでは真ん中の子)、見たことあるなーと思ってたら、モー娘。の加護ちゃんでした。そういえば香港で女優をやってるって何かで読んだけど、これだったんですね。けっこうハードなアクションもこなしていて、かなり頑張ったようです。武術指導でも大御所のサモハンの指導がよかったのでしょうか。

香港映画もちょっとさかのぼって見てみたくなってきました。

少林寺 [映画]

個人的な中国ブームということで、こんなDVDを借りて見てみました。

少林寺 [DVD]

少林寺 [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD

子供の頃、映画館で見たような記憶があるのですが、改めて見直してみると覚えていたシーンは出てきませんでした。もしかしたら少林寺2の方だったのかも。

ストーリーは随の時代末期、父を王将軍に殺された少年が、少林寺の僧となり、憲法を身につけ、やがて王将軍と対決するというもの。

実際に少林寺で撮影されたようで、修行によってできた石床のくぼみなども登場します。ナイナイの岡村さんが、中国に旅行する番組で、このくぼみを見て興奮してた、あのくぼみかなと思ってみてました。

主演は、リーリンチェンですが、今ではジェット・リーといった方が通りがよいかもしれません。実際に、中国拳法の大会で優勝するなど実績のある彼の動きは本物の迫力があります。随所に少林寺拳法の様々な技や武器が登場するのも興味深いところです。

ワイヤーアクションもなく、すべて生身のアクションというのもかえって新鮮です。(高い所に飛び上がるシーンでフィルムの逆回しはあったように見えましたが。)

カンフー映画好きでしたが、最近はあまり見る機会もありませんでしたが、改めてみてみると面白いですね。少林寺2や、ジャッキー・チェンの初期の作品も見直してみたくなりました。


レミーのおいしいレストラン [映画]

 気になってたので借りてみました。

レミーのおいしいレストラン [DVD]

レミーのおいしいレストラン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • メディア: DVD

食べ物が重要な役割を果たしている映画を見るのが好きです。本作は、アップルのスティーブ・ジョブス率いるピクサー制作というのもひかれました。

フレンチシェフ、グストーに啓発されたネズミのレミーが、グストー亡き後のレストランに侵入して、下働きのリングイニを助けて料理をするという話。

だれでも(ネズミでも)料理をしてもよい、というグストーの教えに従い、料理をするレミーがなかなか良いのです。一方で、リングイニはさえないお兄ちゃんでいまいちなキャラですが、どこか憎めない人物になっています。

ストーリーは見てのお楽しみと言うことで詳しくは書きませんが、ネズミの料理人というのは面白い発想だと思いました。人間の言葉を話すのではなく、理解できて意思疎通できる程度という設定もよいし、リングイニを操縦するさまは鉄人28号っぽくてよいですね。

ただ、大量のネズミがでてくるシーンがいくつかあるのですが、結構リアルに気持ち悪いと感じてしまうのは、昔フィリピンに住んでいたときにネズミがでて悩まされたからかもしれません。

本筋と関係ないのですが、登場人物にリングイニを目の敵にするスキナーという人が登場するのですが、その顔を見て、この声を当ててるのはスティーブ・ブシェミに違いないと思ったのですが、違ってたのがちょっと残念。

子供向けの印象ですが、十分楽しめました。

 


nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

007慰めの報酬 [映画]

007/慰めの報酬を見てきました。

 

多分、ボンドシリーズをちゃんと映画館で見たのは前作のカジノロワイヤルが最初だったと思います。あとは飛行機の中かテレビかっていう感じ。なので、ショーン・コネリーのボンドは全く知らないし、ロジャー・ムーアも見たかどうか記憶にないです。

私にとってボンドはピアース・ブロスナンかな。ハンサムで格好良くてというボンドのイメージそのものでした。ただアクションはちょっと現実離れした感がありましたが、それも含めて豪華でいてそれで軽いアクション映画になってたと思います。

最新のボンドはダニエル・クレイグ。金髪で青い目でというのが物議を醸したようですが、前作のカジノロワイヤルは映像の美しさと彼のリアルなアクションに圧倒されました。ストーリーもかなりどんでん返しが多くて記憶に残っています。(確か上映時間もかなり長かったはず。)特に圧倒されたのが風景で、コモ湖やヴェニスの映像がすばらしいの一言。

今回続編を映画館で見ようと思ったのも、あれだけ美しい映像だったら映画館のスクリーンで見たいという一点につきます。

そして期待通り、シエナでの屋根の上の追跡シーンや協力者マティスが隠棲している島(これもイタリアですが名前を忘れてしまいました)など美しい風景画盛りだくさん。アクションの方も、冒頭(前作の最後のシーンの直後という設定)のカーチェイスやシエナでの屋根の追跡、ハバナでのボートによる追跡劇、ラスト、ボリビアの砂漠でのホテルの爆破シーンと重厚なアクションで見応えがありました。

今回のボンドガールは厳密にはボンドガールとは言えないのかもしれませんが、美しさの中にも強い意志があるいい女優さんでした。むしろボンドの同志というか身内のような存在?

今回は前作と比べて上映時間が短かったせいか、ストーリー的にはあまりどんでん返しはありませんでした。(ネタバレしないようにこれ以上は書きませんが。)それでも、世界中を駆けめぐるスケール感はありましたし、謎の組織の正体がなかなか明らかにならず真の敵が分からないサスペンス感、ヒロインとの心のつながり、Mとの反目、等々ドラマとしては秀逸で、最後まで楽しむことができました。

ダニエル・クレイグのボンド、これからもフォローしていきたいと思いました。何作くらい彼で作ってくれるのでしょうか。


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブロークン・イングリッシュ [映画]

恵比寿ガーデンシネマで映画を見てきました。

恵比寿ガーデンシネマは他ではやってない作品を上演していることが多いのですが、いつ行っても楽しめる作品をやってますので特にみたい作品がないときはふらっといったりしていました。(最近はあまり行けてないのですが、昔目黒に住んでいたときはかなり通ってました。)

今日やっていたのがブロークン・イングリッシュという作品。

舞台はNY。30 代の女性ノラがフランス人のジュリアンと出会い、パリに彼に会いに行くというのがあらすじ。ジュリアンに会うまでのノラは出会う男性とうまくいかないことがたくさん続くので、その辺はちょっと見ていて悲しくなる感じ。ジュリアンはなかなかいいやつなのに、傷ついているノラはなかなかうまく接することができないのもちょっと仕方ないかも。

パリに帰ったジュリアンに会うために、仕事をやめてパリに行ったのに彼の連絡先をなくしてしまうノラ。最後は・・・、ネタバレしないようにしたいと思いますが、悪くない最後だったと思います。

ブロークン・イングリッシュというのは、多分ジュリアンの英語がフランス訛りなことを表しているんだと思いますが、どんな意味が込められているんだろう、と思ったら公式サイトに書いてありました。「全ての言葉(単語)はその語源の文化的背景が違ったりするので、まったく理解されない場合もあり、そこにはコメディーも潜んでいる。だからといってコミュニケーションを断念するのではなく、その完璧でない言葉同士のやりとりの中で、意味を見いだそうとすることが大切だから。」

フランス語はHを発音しないので、HungryがAngryに聞こえたりするのってよくあります。カナダ人の友人の奥さんがフランス語圏出身だったので、彼女と話すときに意味が分からないとHを補って考えてみたりしたのを思い出しました。

240_240.jpg←クリックで公式サイトに飛びます。

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レッドクリフ [映画]

今年は飛行機に乗る機会が多かったせいか、劇場で映画を見ていませんでした。というか、アメリカから戻って来てからは、映画のチケットがとても高く感じてしまい、会えて劇場で見ようと思う作品しか映画館にでかけて見ないようになっていたかもしれません。

そんな中、是非劇場で見たかったのがレッドクリフ。

 bnr_redcliff_l.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画