So-net無料ブログ作成
検索選択

30代で仕事引退!?(スカウト2005.10月号) [雑誌]

以前「ハワイプチ富豪の成功法則」読んで以来、アーリーリタイアメントも良いもんだと思っていましたが、先日コンビニに立ち寄ったら、面白そうな雑誌がありましたので、即購入してしまいました。

 

冒頭では、ハーフリタイア20人のリアルライフということで、日本や外国で暮らすハーフリタイアを成し遂げた人たちの生活を紹介しています。もちろん「ハワイプチ富豪」のヒロ・ナカジマさんも登場します。

最初「ハーフリタイア」って何?と思いましたが、ここでは「仕事偏重型の生活から脱して、自分のライフスタイルを確立しながら、生活を楽しむために仕事している人」をハーフリタイアした人と定義づけているそうです。紹介されている方々も、生活を楽しみながらも仕事はしている方達ばかりです。

私も、仕事しないで楽しく暮らしたいと思う一方、仕事をしないでぶらぶらするのは良くないという価値観もすり込まれているようなので、ここで紹介されている仕事をしながら楽しく暮らすというのは心地よいのではないかと思います。

この雑誌の良いところはハーフリタイアの実行計画と題して、ハーフリタイアした人たちの情報を細かく載せているところです。ハーフリタイアのきっかけ、必要なお金をどうためたのか、役に立ったキャリア、人脈づくりのこつ、ハーフリタイアしてみて分かったことなど、なかなか参考になりました。特に、目標とした貯蓄額や一月あたりの生活費などは、現実的な情報として是非知りたいところですが、そこもしっかり出ています。読んでみると、皆さん生活する場所や暮らしぶりも多様で、生活費や貯蓄額、収入も多種多様です。貯金もほとんどない人から数億ある人までいますので、それによってどのような暮らしができるか分かって参考になりました。

社会人になって数年は夜遅くまで仕事をするのが当たり前の生活だったのですが、その後海外にいって、特にアメリカでは残業がまったくなく、しかも職場と家が徒歩数分だったこともあり、夕方にたっぷり時間ができ、こういう生活もあるんだと気がつきました。本もたっぷり読めるし、映画にもいけるし、友人の家を訪ねたりできるし、まるで人生が2倍になったような気分でした。

それ以来、ゆとりのある生活をしたいと思うようになり、アーリーリタイアメントについて少しまじめに考えるようになりました。そのために何が必要なのか、引き続き研究していこうと思います。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経Associe(続き) [雑誌]

あまりの多さで、途中で紹介するのが疲れてしまった山根一真さんのカバンの中身ですが、残りも紹介してみます。

12.ルーペ

10倍と20倍、30倍がセットになったルーペだそうです。デジカメのレンズに貼り付けてマクロレンズとして使うこともあるとか。

13.超小型望遠鏡

Minoxせいの小型のものだそうですが、写真からはどのくらい小さいか分かりにくいです。昔、安いものを買って持ってましたが、ほとんど使うこともなく、ある日壊れてしまいました。山根さんは隣のホームの時刻表を見て、帰りの時間を見たりしているそうですが、ちょっと怪げな人に見えるかもしれません。

14.Canon IXY Digital 55

山根さんのデジカメ好きは、からの著書からも良く分かるのですが、カバンにはこの小型デジカメを入れているそうです。(一眼レフデジカメは別にいくつか持っているそうです。)

Canon IXY DIGITAL 55

Canon IXY DIGITAL 55

15.小型ストレージ

コンパクトフラッシュ、4GBマイクロドライブ、SDカードを常備しているそうです。しかし、4GBがこんな小さい時代になってるんですね。

BUFFALO RMD-4G マイクロドライブ 4GB

BUFFALO RMD-4G マイクロドライブ 4GB

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • 発売日: 2004/01/31
  • メディア: エレクトロニクス

16.気象計とメジャー

温度、湿度、体感温度、風速が計れる気象計と2mまで計れるメジャーだそうです。阪神大震災以来(それ以前から?)、災害問題に取り組んでいる山根さんならではのカバンの中身と言えるかもしれません。

 

17.コンパクトライト

LED豆電球を使ったライトだそうです。確か、山根さんの家のライトはすべてLEDにしたって昔読んだ気がします。

18.変換コネクター類

携帯電話用の充電用コネクターやその他変換コネクターを複数持ち歩いているそうです。便利そうだと思ったのは、USBから携帯を充電できるコネクターでしょうか。

19.筆記用具類

ペンテル筆ペンか万年筆を普段は使っているそうです。きっちりした性格そうなので、字もお上手なのではと想像しています。実際はどうなんでしょうか。

20.パソコン

AppleのPowerBook G4を愛用されているそうです。著書を読むと、熱狂的なMac派であることが分かります。10年以上前からMacを使っていると記憶しています。ノート型1台ですべてこなしているということですが、データの同期などいらないので、それが合理的だということは良く分かるのですが、勤め人だと、会社では会社のPCを使わなければならないのがつらいところです。PCが導入され始めた時は、自前のノートを持って言ったりもしたのですが、今はLanやイントラネットも整備されているので、そうしたことは難しくなってきました。

Apple PowerBook G4 (1.5G, 12.1, 512, 64V, 80G, SuperDrive, E, AMex, BT, 56K, mini-DVI) [M9691J/A]

Apple PowerBook G4 (1.5G, 12.1, 512, 64V, 80G, SuperDrive, E, AMex, BT, 56K, mini-DVI) [M9691J/A]

  • 出版社/メーカー: アップルコンピュータ
  • 発売日: 2005/02/01
  • メディア: エレクトロニクス

21.外付けハードディスク

80GBのを常に持ち歩いて、海外に行くときはこれに過去のすべての原稿データを持っていくそうです。

22.本

ここでは、自著を紹介しています。未読です。

環業革命

環業革命

  • 作者: 山根 一真
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 単行本

 

というわけで、後半を紹介してきたわけですが、山根さんの職業や取材対象の特徴などもあるため、普通の人には、使う機会がほとんどないものも多かったと思います。しかし、自分の仕事を便利にしたり、向上させたりするために、あらゆる道具を持ち歩いて使っているというのは、ある意味うらやましいと思います。私自身は、組織に所属して仕事をしている関係上、組織の枠内での仕事が多くなるのですが、そうなるとほとんど大半の時間を事務所で過ごすことになります。従って、どこでも仕事ができる体制を整える必要はないとも言え、そうすると自分で何か道具を買って仕事に使うという機会も少なくなってしまいます。幸い、出張や海外勤務などもある職場なので、もっぱら出張時に便利な道具という観点からいろいろと買って使ってみるということを楽しんでいます。いかに小さく、便利なものをそろえるかということで、山根さんのカバンの中身は大変参考になりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

日経Associe 6月21日号 [雑誌]

最近読むことの多い雑誌です。特集がいつも魅力的なんですが、今回も興味をそそられる特集「いつも目標を達成する人のカバンの中身」でした。

特集にまず登場するのは、敬愛する山根一真さんのカバンの中身です。山根さんの本は「スーパー書斎」シリーズが大好きで、飽きずに何度も何度も読み返しています。(最近はDIMEで連載しているのですが、月一だし3ページだしで、新刊がでるまで時間かかりそうです。)

そんな山根さんのカバンの中身ですが、感動的だったため、ここに書いてしまいます。

1.Zaurus SL-C3000

リナックスを搭載し、かつ4ギガバイトのハードディスクを搭載した手のひらパソコン。最近の連載でも、絶賛しています。ボーナスが出たら買ってしまいそうな一品です。

SHARP ザウルス SL-C3000

SHARP ザウルス SL-C3000

2.携帯電話3台

FOMAとMova、そしてauのインフォバーだそうです。これはちょっと多すぎ?でも2台は同じ電話番号で使えるサービスを使ってるそうです。デュアルネットワークサービスというのだそうですが、ちょっと興味あります。でも3台は持ち歩きたくないかも。

3.ノイズキャンセリングヘッドフォン

昔紹介しましたが、ソニーのヘッドフォンといよりはイヤーフォンですね。最近は白いタイプのものが出たみたいで、今もってる黒よりも良いデザインだと思います。(私や山根さんのものはもう生産終了だそうです。)こちらはその白い方です。

SONY MDR-NC11A W ノイズキャンセリングヘッドフォン

SONY MDR-NC11A W ノイズキャンセリングヘッドフォン

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • 発売日: 2004/10/21
  • メディア: エレクトロニクス

4.ワールドバンドレシーバー

短波、AM、FMがどこでも聞けるものだそうですが、販売終了とのこと。残念。

5.巻き取り式ワイヤーアンテナ

ソニー製だそうですが、これも入手不可だそうです。

6.緊急時の取材セット

モンブラン製のメモ帳とボールペンで、名刺やアメリカンエクスプレスのカード、現金を入れているそうです。

7.ソニーの電子辞書

多分私の持ってる辞書の新しいタイプで、最小のサイズにメモリースティックが使えるタイプのようです。メモリースティックには19種類の辞書や、小学館の日本大百科全書が入っているようで、すごくほしいです。全部そろえたら高そう。

SONY メモリースティック電子辞書 EBR-S8MS S シルバー

SONY メモリースティック電子辞書 EBR-S8MS S シルバー

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • 発売日: 2004/11/06

8.通信用の各種カード

有線Lanカード、無線Lanカード、Foma通信カード、Air Edge、ダイヤルアップモデムカードだそうです。これもまねするにはちょっと多すぎます。

9.AM\FMラジオ

普通のやつっぽいですが、ワールドレシーバーと二つはいらないのでは。

SONY ICF-R55V FMラジオ

SONY ICF-R55V FMラジオ

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • 発売日: 2003/02/10
  • メディア: エレクトロニクス

10.ICレコーダー

山根さんはサンヨーしか使わないそうです。ちなみに私はOlympus製のものを使ってます。

SANYO DIPLY TALK(ディプリトーク) ICR-S300RM(S) ステレオデジタルボイスレコーダー(シルバー)

SANYO DIPLY TALK(ディプリトーク) ICR-S300RM(S) ステレオデジタルボイスレコーダー(シルバー)

  • 出版社/メーカー: 三洋電機
  • 発売日: 2004/10/21
  • メディア: エレクトロニクス

11.小型ビニール袋

ジップロックみたいなやつでしょうか。いろいろ収集するときに使うそうです。

と、ここまで書いてやっと半分です。続きはまた次回にしたいと思います。

山根さんの昔の著書にも、カバンの中身が何度か紹介されていますが、久々に最新のカバンの中身を見てみると、かなり進化していることが分かります。しかし、モバイルにかける情熱は相変わらずで、携帯3台、ネットカード5枚はさすが。私も、デジ物大好きですが、ここまでのこだわりはありません。

ちなみに、私のカバンの中身(ポケットに入れているのも含みますが)と比べてみると、携帯は一台ですが持っていて、その他はノイズキャンセリングヘッドフォン、メモとボールペン(もちろんモンブランではありません)、電子辞書、ICレコーダーまでは今回紹介したものの中ではかぶっています。ないもので、ほしいのは、Zaurusとラジオでしょうか。でも、昔Palm使っててやめた経緯もあるので、PDAの導入には少し慎重です。(アメリカのとき使ってたみたいな、携帯と一体になったものだといいんですが。)ラジオは、ちょっと前に見に行ったのですが、海外でも使えて、デジタル表示でステレオというものがなかったので、残念ながら見送っています。

と言うわけで、後半はまた次に書きたいと思います。

  (←日経Associeホームページにリンクしました。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

The 21 ざ・にじゅういち [雑誌]

ざ・にじゅういちという雑誌があります。先日まで、こんな雑誌があるとは知らなかったのですが、読んでみると、自分の読書傾向と合致していて、なかなかいい感じの雑誌でした。

今月号も、読んでみたのですが、ここでも書いた本の作者がインタビューされていたり、著書の紹介をしていたりで、良い復習になりました。ざっとあげても、大前研一氏(考える技術)、熊谷正寿氏(一冊の手帳で夢はかなう)、山本真司氏(30歳からの成長戦略)など、最近読んだ本の著者が勢ぞろいです。

逆に言えば、目新しいことを言 っているのではないのですが、大前氏の問いに明確に答えられなかったのは少し悔しさが残りました。その問いとは、「世界で唯一貿易と縁がない国はどこでしょうか」というものでした。鎖国している国はないしなーと思ってたら、まんまと指摘されてしまいました。

薄い割には定価が520円もするのですが、今のところその価値はあると思います。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

DIME No05 [雑誌]

この前買ったと思ったら、もう次のDIMEが出ていました。今号の特集は「常識破りのパソコン選び&激便周辺グッズ」ということで、パソコン選びから便利な周辺機器の紹介まで、充実の特集でした。しょっぱなはMac Miniの紹介だったのですが、これうちにiMacがなければ買ってるかもしれません。ただ、キーボードはともかく、モニターも買うとなると結構な額がしますので、やっぱりWindowsのデスクトップを使っている人がターゲットなんだと思います。だって、Macでモニター使ってる人は、PowerMacを使うようなヘビーユーザーだろうし、そういう人はこのスペックでは買わないのではないかと。あるいはサーバーみたいに使うかもしれないですが。

DIMEの記者の方はMacが好きらしいということはDIME Onlineなどで知っていましたが、DIMEのような雑誌でこうして紹介されるというのは、きっと影響大きいと思います。Mac好きとしては、今後少しでもMacのシェアが伸びてくれることを祈っています。

さて、今回の特集は特に激便周辺グッズのところが非常に物欲を誘われました。セキュリティ関連グッズや消費カロリーや心拍数の計れるデジタルプレーヤーなんかも興味をそそられたのですが、なんと言っても一番これほしーと思ったのは、Lanでデータ共有ができるハードディスクでした。データを一括でこれに保存しておくと、VaioとiMacとでデータ管理するのが楽そうです。ちょうどVaioを買ったときに無線Lanにしたので、導入しごろな状況であることも、物欲を刺激します。この際だからデータを一元管理するのもよいかも。

LANDISK HDL-120U

前回に引き続き花粉症対策の特集もなかなかの充実度だと思いました。鼻スッキリパッチもついてましたので、試してみたいと思います。

山根さんのスーパー書斎の遊戯術も久しぶりにデジタルグッズの購入体験でなかなか楽しめました。昔のスーパー書斎シリーズが大好きなものとしては、こういうグッズものの使用体験をもっと読みたいと思ってしまいます。そういえば、以前の連載分の単行本ってまだでないんでしょうか。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

モーニング No12 [雑誌]

きょうも朝からモーニングを買ってしまいました。DIMEとどっちにするか迷ったのですが、最近疲れているせいか、ついついモーニングに手が伸びてしまいました。

さて、今週のモーニングですが、「かばちたれ」が巻頭カラーで、島耕作がつづいています。島耕作は、昔はそれほど好きではない漫画だったのですが、最近は普通に読めるようになりました。おっさん化しているのでしょうか。なんというか、いやらしいというか、いかにもっていうサラリーマン描写にたまに抵抗を感じてしまいます。こんなおっさんばかりかいって突っ込みたくなるし。実際、こんななんでしょうか。

神の雫は、ついに父の遺産を賭けたワインのテイスティング勝負に入りました。もう少し、経験をつむのかと思ってたのですが、展開が早まったため、今後どうなるか読めなくなってきました。今週号では、上位の面白さでしょうか。しかし、今週何といってもよかったのは、大使閣下の料理人だったと思います。いまいちシェフサミットの競争のルールがわかりにくかったのですが、めでたく上位入賞で、めでたしめでたしです。北島さんもよいキャラになってきて、なかなかいい感じ。今週で、ポルトガル編が終わったので、来週から新展開のようです。それから、誰も寝てはならぬも、相変わらずののんびり路線で安心して読めました。

蒼天航路がなかったのが残念な号でした。来週は一応あることになっているので(いつもあてにならないのですが)あと一週間我慢します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビッグコミック No4 [雑誌]

昨日の夜、モーニングが買えたおかげで、今日は朝からビッグコミックを迷わず買えました。

ビッグコミックは比較的最近読み始めた、といってももう4年くらい読んでます。今号では、C級サラリーマン講座が復活しています。そういえば、いつの間にか休載していましたが、これ結構すきでした。今回は、復活第一弾ということで、巻頭カラーでしたが、勢い込んで読むよりは、真ん中あたりにひっそりあったほうが、落ち着くし、面白い気がします。今回も面白いには面白いのですが。

ビッグコミックでのお薦めは、黄金のラフと築地魚河岸三代目です。黄金のラフは、ゴルフ漫画なんですが、主人公3人をはじめとする登場人物すべてが濃いキャラで、毎週笑わせられます。細かいギャグも結構つぼにはまります。

築地魚河岸三代目は魚に関する薀蓄に人情ストーリーがからみ、毎回新しい魚の知識がわかりやすく得られるとことがうれしいところです。うちの実家も漁船を持ってたらしいので、小さいころから魚は結構食べてきましたが、こうやって、毎回新しい魚に関する薀蓄が得られるのはうれしいものです。今号は、タイの子供であるカスゴの話でした。マダイとチダイの違いくらいは知ってましたが、見分け方はしりませんでした。エラの縁が赤いのがチダイ、赤くないのがマダイだそうです。それとカスゴの握りは春においしい寿司ねたみたいです。食べたことも、というか聞いたこともなかったので、今度試してみたいと思います。

そのほかの作品も、安定感があるのですが、なんとなくおとなしい感じの作品が多いせいか、何回も読み返すほどではないと思います。太陽の黙示録は、日本を襲う大災害後の世界を描いているのですが、まだ先が読みきれておらず、今後の展開が楽しみではあるのですが、少し展開にもたつきがあるかもしれません。それに、登場人物の名前が、三国志をモチーフにしているところがあって、三国志的な展開も考えてしまうので、かえって逆効果な気もしています。最初は、主要な登場人物だけに三国志由来の名前を付けるのかなと思ってたのですが、最近フォーカスが当てられている雲井の名前が竜児だったことで、おそらく今後も三国志由来の名前が続くんだということがなんとなくわかりました。そうとすると、いつ孫権の字を持つ人物が登場するかが注目です。でも、日本が二つにわかれている話なので、三国ではないのかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

モーニングNo11 [雑誌]

深夜に帰宅したのですが、途中でよったコンビニに木曜発売のモーニングがありました。って、もう木曜日なのですが。

モーニングはもう10年位前から読み続けているのですが、その理由はひとえに蒼天航路が好きだからです。連載第一回も読んでるのですが、その当時はこれほど面白くなるとは想像もしていませんでした。赤壁前後は確かにそれほどのめりこめなかったし、劉備覚醒のところもいまいち乗り切れませんでしたが、その後馬超編をへて、また盛り上がってきました。今週は、漢中からの撤退が描かれていましたが、今までにないこまわりがでてきて、少し違和感がありました。去年の秋ころは、年内完結という言葉も出てたのですが、まだ半年は続きそうな勢いです。(休載も多いし)

最近の注目は神の雫です。ワイン漫画なのですが、情報とストーリーの割合がちょうどいい感じですし、主人公もなかなかキャラがたってきています。それから、最後のページの薀蓄も全部を読み終わった後に読むのにちょうどいい感じです。

あとは、「誰も寝てはならぬ」が気に入っています。大阪まめごはんのころから好きだったのですが、よく見ると作者の名前がサライネスになっていて、記憶が定かでないのですが、昔はサライイネスだったような気がします。なんか、意味がrのでしょうか。いずれにせよ、この力の抜けっぷりと、大阪弁が妙につぼにはまります。

あとは大使閣下の料理人が楽しみで、他はOL進化論は安定して面白いし、クッキングパパもなんとなく読んでしまうし、ジパングははじめのころほどではないですが面白いしのですが、他はそれほどでもないかもしれません。

でも、これだけ読むものあれば、買っても損はないと思い、毎週買ってしまいます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

DIME No04 [雑誌]

DIMEの04号を今日買いました。普段は発売日に買うのですが、今週は木曜モーニング、土曜日オリジナルと続いていたので、今日の朝になってしまいました。

今号の特集は「デジタル製品はこれが買い」ということで、3万人のアンケート結果に基づいて、お奨め商品がジャンルごとに掲載されています。残念ながら、それほど食指を動かされるものは多くなかったのですが、強いてあげれば一眼レフデジカメくらいでしょうか。

他の記事ではネット犯罪を未然に防ぐ、とかスイーツ特集が面白かったのですが、中でも興味をひかれたのが、「究極のビジネスバッグプロジェクト」です。これまでも使いやすそうなバッグを求めていろいろ購入してきたのですが、これはというものに出会えていません。去年までは、ビジネス用のショルダーバッグを愛用してたのですが、サイズが大きいのと弁当が入れると膨れてしまうので、最近は3ウェイのパソコン用リュックタイプを使ってます。昔、Kazma情報鞄という企画があって、山根一真さんデザインの鞄があったようですが、今回もそれに近いものができないかと期待しています。はがき応募なので面倒ですが、一つ応募してみようと思ってます。

その他役に立ちそうだった記事は、花粉症対策です。自分は花粉症でないと思ってたのですが、去年の春はくしゃみが止まらなくなり、もしかしたら花粉症かもしれないと心配しています。健康関連では、腰痛、肩こり特集もあり、そこで紹介されていた椅子は、いつか買ってみたいと思うような、椅子ばかりでした。

Digital DIME


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。