So-net無料ブログ作成
検索選択

「ホームズゆかりの地」案内:Blackfriars [ ┣「ゆかりの地」案内]

FSL: Blackfriars Underground Station (P7)

今回は地下鉄駅でもあり鉄道駅でもあるBlackfriars駅周辺のゆかりの地一箇所の紹介です。

1. Poppins (Pope's) Court, EC4

「赤髪組合」

FSLの記載:Poppins Court, at the eastern end of Fleet Street, was called Pope's Court in The Red-headed League. Duncan Ross, alias: William Morris, advertised for all red-headed men to apply at the offices of the League, No.7 Pope's Court, just off Fleet Street.

延原訳登場シーン:赤髪組合へ――アメリカ合衆国ペンシルヴァニア州レバノンの人、故イゼキア・ホプキンズの遺志により、絶対軽微なる勤労あるのみにて各員に週給四ポンドを支給すべき当組合に今般一名の欠員を生じたり。世の頭髪赤き男子にして心身ともに健全、年齢二十一歳以上の諸君はすべて組合員たるの資格あり。月曜日午前十一時、フリート街ポープス・コート七番なる組合事務所内ダンカン・ロスまで本人来談あれ。

こちらがPoppins Courtの様子です。あいにく番地名の表示がなかったのですが、右側に見える床屋の周辺じゃないかと思いました。

Klinger注によればFleet Streetは当時出版社、新聞社が多くある地域で、現在のタブロイド紙の原型でもあるPenny Pressと呼ばれる新聞社も多くあったそうです。ビジネス街だったため、架空の組合の事務所も簡単に借りられたということかと思いました。借り手も多かったでしょうし、細かく詮索されることもなかったのではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0